3種類の磨き剤を勝手にレビュー

 

みなさんこんにちは。実験大好き、レザークラフト界のマッドサイエンティスト、ZESTIENです。

またやりましたよ・・・ひっひっひ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

それがこちら。

先行してインスタグラムにも投稿しましたが、3種類の磨き剤を試した結果の感想を述べます。

(実はYouTube用にと思って磨くところの動画も撮っていたのですが、クオリィティが低かったので今回ボツにしました)

 

 

①トコノール・・・583円(税込) 120g

ペースト状で伸びが良く、とくに気を使わなくても、全体的に均一でムラのない、綺麗な仕上がりになる。

艶は他と比べると若干控えめだが、仕上がり具合や使い勝手は1番か。

 

 

②トコフィニッシュ・・・378円(税込) 80ml

ゼリー状に近く伸びも良いが、素早く塗らないとムラになるため注意が必要。

短時間で磨けるため作業性が良く、表面をコーティングしたような、曇りのない艶のある仕上がりになる。

 

 

③CMC・・・734円(税込) 70g

粉末状で、水や湯で溶かして使用する。

使用法には3gに対し200ccとあり、100ccなら約47個の磨き剤が作れることになるため、コストパフォーマンスでは他を寄せ付けず圧勝。

濃度によって使い勝手や仕上がり具合が変わり、濃すぎると磨いてる途中にダマ(糊のような塊)が出てくることも。

艶はトコフィニッシュと同等。

 

 

 

 

以上が、インスタグラムにも載せた実験結果の感想なのですが、少し補足すると、この中で磨くのに(艶が出るまで)一番時間がかかったのはCMCでした。多分この辺は濃度も関係してるのかなと。

使用法のとおり作るとけっこう水っぽくて、塗りやすくはあったのですが艶が出るまでけっこう時間かかりましたね。

 

対照的に、一番早く磨けるのがトコフィニッシュでした。伸びが良く薄く塗れるので、早い段階で艶が出ます。また、表面が乾くのも早いので磨き終わったものをすぐに重ねて置くのも全く問題ないです。

欠点は素早く塗らないとムラになってしまうので、綺麗に仕上げるには慣れが必要なところですかね。

 

そして、良いところばかり目立ったトコノールですが、乾くのは1番遅かったです。

磨き終わった後も触ると湿っている感じがしたので、完全に乾くまでは少し気を使わないといけないかもしれません。

 

 

 

 

 

まあ、こんな感じで今回実験してみたわけですが、3つともそれぞれ特徴があり、どれも良いものだと思いました。

なので、自分が好きなものを使うのが1番だと思います。どれを使ってもちゃんと綺麗に磨けます。

例えばトコを磨く時はトコノール、コバを磨く時はトコフィニッシュとか、使い分けするのもありだと思うし、コストパフォーマンス考えてCMC一択というのもありだと思います。

 

 

 

 

みなさんも実際に使ってみて、自分と相性の良い磨き剤を見つけてみて下さい。

また一段とレザークラフトが楽しくなると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です