日曜日の出来事

 

みなさんこんにちは。今日は革とはまったく関係ない話しますZESTIENです。

く〜〜〜。

 

 

 

 

 

 

何の話かというと「釣り」の話です。

 

 

実はうちの一家は釣り経験がほとんど無く、僕が小・中学生のころに数回ほど海釣りやったことあるだけ、小学3年生の次男坊が半年ほど前に釣堀(竹竿)で1回やったことあるだけの、ホントど素人です。

ですが、ここ1年ぐらい前からYouTubeで釣り動画を見るようになり、見てるとだんだん自分たちもやってみたいなと思うようになってきていました。

特に次男坊は、現在習い事もやってなく趣味もテレビゲームぐらいしかなかったので、一緒にまたは1人でもできる趣味が他にあれば良いなとずっと考えていて、そこで日曜日の朝ついに決断をしました。

 

《よし、釣りをしよう》

 

で、釣りを始めるならまずは道具が必要だということでインターネットで調べ、まずは ①「ロッド(釣竿)」②「リール」③「ライン(釣り糸)」④「ルアー」の4つが最低限必要ということを頭に入れて、釣具屋さんに向かいました。

そして釣具屋さんに到着。店員さんに話しかけ「親子でバス釣りを始めたいけど何もわからない」と伝えたところ、担当の店員さんが現れいろいろと案内してくれることになり、それからいろいろあって多分2時間ぐらいですかね、僕(ベイト)と次男坊(スピニング)の釣り具2セットとその他あったら便利なものを少し買い、教えてもらったブラックバスがいる近場の野池にそのまま直行しました。

まずは投げ方の練習ですよね。「スピニングリール」のほうは子供のころに投げたことがあるので、それを思い出しながら次男坊に教えたのですが、飲み込みが早いのかすぐに慣れてしまい、そのまま普通に釣りし始めました。おそろしい・・・。

で、今度は僕の番で、「YouTube」で釣り動画を見てカッコいいなってだけで「ベイトリール」にしたので、もちろん投げたことはなく、投げ方もわからず動画で見たイメージだけで練習を開始しました。

あれ?以外にいけるじゃん。遠くには飛ばないけど「バックラッシュ(糸が絡まる)」はしない。と思って遠くに飛ばすために調子に乗ってブレーキをいじってたらやっちゃいました。

お〜これが噂の「バックラッシュ」か。

直し方も「YouTube」でなんとなく見てたので、見よう見まねでとりあえず直し、それから何度かバックラッシュしながらもいろんな投げ方を試したのですが、どうもしっくりこない。これ思ってた以上に難しいですね。でも練習してるだけで楽しい。

 

そんなこんなで始めてから30分ぐらいですかね、次男坊は次男坊なりにいろいろ試してたみたいで、冷静に釣れるときを待ってたみたいです。

で、そのとき僕はというと、4つ買ったルアーを交換しながら投げてたのですが、4つ目のルアーに交換した直後の第1投目で近くにあった木に引っ掛けてしまい、「うわ〜マジか!?」とか言いながらなんとか引っ掛かったルアーを外そうと悪戦苦闘中でした。

 

すると、奇跡 が起きました。

 

なんと次男坊が釣っちゃいましたよ。正真正銘の「ブラックバス」を。

どうですかみなさん? これが「ブラックバス」ですよ。僕たちもYouTube以外で初めて見ました。

 

何があったかと言うと、最初しゃがんで釣ってた次男坊が立ち上がり、釣竿を立ててすごい勢いでリールを巻き始めたので、何事かと思って見てたら、水面がバシャバシャなって「釣れたかも」と言うので「マジか!?ちょ、ちょっと待ってよ!?」と、一瞬どうしたらいいのかわからずパニックになり、とりあえず未だ木に引っ掛かったままのルアーと釣竿をその場に置き、次男坊の側に行こうとしたら、ひょいって普通に引っ張り上げてしまいました。

 

「マジか!?ホンマに釣っとるじゃん!!お、お前、天才か!?」

 

と、大興奮して叫んでしまいましたが、釣った本人は少しは喜んでましたが至って冷静。おそろしい・・・。

 

そして帰宅前に釣具屋さんに寄り、案内してくれた店員さんにこの写真を見せたら、やっぱりびっくりしてました。自分でも初めて釣れるまで10回は通ったって。

 

帰りの車中、興奮冷めやらぬまま「またバス釣り行こうな」って嬉しそうに言ったら、次男坊が一言。

 

 

 

「タイが釣りたい」

 

 

 

 

「え?」

 

 

 

 

・・・それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です