続・本革ロッドホルダー その2

 

みなさんこんにちは。ZESTIENです。

 

 

 

 

え〜前回の続きです。本革ロッドホルダーの件ですが、

この試作(左から)4号・5号・6号をテストしてさらに煮詰め、

 

 

 

最終的に3つを複合した

こちらのデザインを採用することといたしました。

 

 

 

正面から見て右側の接続部分は、

試作6号と同じ手縫いによる取り付けにする予定。

 

 

 

左側はジャンパーホックで取り外しが可能となっていますが、

ロッドの抜き差しは問題無くスムーズに行えるので、普段外すことはないでしょう。

 

 

 

そして、背面のベルトループは

試作4号と同じジャンパーホック2個でしっかりと固定し、使用中にブラブラと動かないようにしています。(万が一、急いで外したい場合には、片手で簡単に外せるよう工夫をしています)

 

 

 

実際にロッドを挿すと

ベイトロッドはこんな感じ。

 

 

 

背面のスリットはトリガーを収めるためですね。

また、しっかりと固定はしますが、カシメ等の金具はロッドに当たらないようになっています。

 

 

 

スピニングロッドだと

こんな感じ。こちらも装着時に金具とロッドが当たることはありません。

 

 

 

正面のこの溝は、

スピニングリールのフット部分がピッタリ収まるようになっています。

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

ZESTIENの本革ロッドホルダー。

 

 

 

できれば、8月中の販売を目指したいと思っています。

また値段等の詳細が決まり次第、報告させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です