驚愕の真事実!!

みなさんこんにちは。急に忙しくなって、まだ頭と体が慣れてないZESTIENです。

いろいろあるんです。商品開発・生産、オーダー受注、革教室&ワークショップ関連等々、なんだかここに来て色々と慌ただしくなってきました。

全部ありがたいことなんですけどね。

 

 

 

 

 

 

今日はタイトルにもある通り、

 

 

「驚愕の真事実!!」なんですが・・・

 

 

これ、

 

以前から紹介しているエルバマットの「fiesta(赤)」で作った名刺入れですが、

 

実は、

 

名前が違ってました。

正しくは「fragola(朱色)」

 

 

で、名前だけじゃなく、そもそもカタログ上での色味の認識自体が間違っていて、

上が「fragola」で下が「fiesta」なんですけど、「fragola」の方がオレンジに見えたんですよね。

じゃあ赤は「fiesta」の方か。ちょっと濃いけど少し焼けたんだろって感じで思っていて、バンバン「fiesta」って紹介していたと。

で、なぜ真実が判明したかというと、今回オーダーが立て続けに入って来たので「fiesta」を追加発注したんですよ。

 

 

そしたら昨日、届いたのがこちら。

開けてびっくり。

実はこれが本当の「fiesta」だったと。

 

 

 

・・・目が点になってしばらく動けませんでしたよ。

 

 

 

だって、

僕はこっちの赤を注文したつもりでいたんですよ。

これが「fiesta」だと思っていて。

だけど、この色は実は「fragola」だったと。

 

 

 

 

こうして見ると確かに。

でも目が痛い。

 

 

 

 

 

やっちまった〜〜〜〜〜。

オレの馬鹿〜〜〜〜〜。

 

 

今来てるオーダー全部「fragola」だよ〜〜〜〜〜。

実物見てこっちの色選んで決めてるもんな〜〜〜〜〜。

 

 

うわ〜〜〜どうしよ〜〜〜〜〜。

 

 

 

 

 

 

 

まあでも、色はどちらも良い色なんですよ。

しいて言えば、「fiesta」(左)の方がカープの赤で「fragola」(右)の方がフェラーリの赤って感じですかね。

わかりやすく言うと「fiesta」が『真紅』で、「fragola」が『朱色』。

(わかりやすくとか言っときながら自分がわけわからんくなってきたな・・・)

 

 

 

 

 

 

大丈夫!なんとか解決します!

 

 

 

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です