レパートリーを増やそう

みなさんこんにちは。最近、何かに目覚めたZESTIENです。

 

 

 

只今、タイトルにあるとおりレパートリーを増やそうと思い、1日1個は新しいものを作ろうとチャレンジ中です。

僕の場合、レザークラフトを始めてわりとすぐにミドルウォレットを作り始めたので、ずっとそれにこだわってあ〜でもないこ〜でもないってやってて、あまりそれ以外のものを作ってなかったんですよね。

で、今まで作ってなかったものを作ったり、同じ種類のものでもタイプの違うものを作ったりしてどんどんレパートリーを増やそうとしているわけです。最近紹介した長財布や名刺入れもその1つですね。

もちろん、良いものができたらZESTIENのラインナップに加えるので販売できるものも増えていくし、革教室で生徒さんたちが作りたいと思うものの選択肢も増えると思うので、いろんな部分でプラスになるはずです。

 

 

 

というわけで唐突ですが、

 

 

じゃん

ペンケース〜〜〜〜〜

いや〜まさかこのタイプのものを作る日が来るとは思わなかったですね。

というのも、

内縫いですよ内縫い。今回初挑戦です。

これ、柔らかい革を裏返しで縫った後にひっくり返してるのですが、今まで「革は硬くだんだん馴染んで柔らかくなるもの」という固定概念みたいなものが僕の中にあって、柔らかい革を使う理由が全くなかったんですよね。だって野球のグローブとかもそうじゃないですか。最初ガチガチでしょ。

そんな感じで、僕の頭もガチガチだったのですが、最近になってからようやくほぐれてきました。

 

 

「柔らかい革も良いじゃん」

「これは柔らかい革で作った方が良いな」

「これは柔いのじゃないとダメでしょ」

「柔いの最高〜〜〜」

 

 

なぜここまで変化したのか。

まあそれは追々話すとして、

 

内縫いの部分ですが、端から10mm(ひっくり返す部分)幅でヘリ漉きし、薄い革で挟んでから縫っています。

こういうのも今まで作ったことがないので正しいやり方なのかどうかわかりませんが、一応いくつか試作していろいろ試し、一番しっくりきたのがこれでした。

1番左のものが形も整って綺麗ですよね。

 

 

こんな感じで、試行錯誤しながら日々頑張っているで、そのうちレパートリーも100種類とか超えちゃうんじゃないでしょうか。

 

 

 

楽しめZESTIEN!

 

 

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です